サイエンティスト・事業戦略担当・コンサルタントとして、企業の課題解決に取り組んできました。気ままにですが、参考になりそうなことを書いていければと考えています。コメントをいただけると嬉しいです。

英語が出来る人ときっと一生しゃべれない人  Part 1 (何のために英語を勉強するのか考えていない)

やたら偉そうなタイトルなので、まだ御覧になっていない方は、こちらのIntroから、私が何をお伝えできそうか、ご確認いただければ幸いです。

 

まだまだの実力。だけど、『語学を使いたいけど、中々使えない』方にとっては、以下の観点から工夫し、ビジネスに使えるまでになった過程を振り返れば、お伝えできることがあるかも。もしかして、私の実力がまだまだ故に伝わりやすいかも、と思って書きます。

 

  1. カネや余計な時間をかけずに|留学はほぼなし。英会話も行ったことがない
  2. 手段として|あくまで主目的はビジネス
  3. 自分で環境や勉強方法を工夫してやってきた|学生時代

 

乗り越えるべきポイントとして、以前お伝えしたいとしたのは、下記の5つでした。

頭から順に1つずつ書いていきます。

 

  1. 何のために英語を勉強するのか考えていない
  2. 日本語が出来ない
  3. テキトーでいいのに。。。
  4. 週末にまとめて勉強しちゃ、ダメだよ
  5. 英語が出来ると思い込んでいる

なぜ、英語が必要か?

存外、電車の中にある広告のメッセージに似ていませんか?

『英語が出来るとチャンスが広がる』とか『英語が出来ると世界が広がる』、『ある日上司が外国人だったら』とか。

 

広告は、当たらずも遠からずの様な表現で、『あぁ、そういえばありそうだな』という気持ちにさせることが上手です。

 

でも、本当に、英語ができることで、チャンスや世界は広がりますか?

はたまた、上司が外国人になる確率は、どれぐらいですか?

まず勉強する前に、よく考える必要があると思います。

 

英語を学ぶ苦労

しばし上司に、『英語できていいよな、お前は。』とか、言われることがあります。また、打ち合わせ中ならまだしも、飲み会の中で、言いたいことを言いたいだけ言いくさったうえで、『訳して』と言われることがあります。

 

『この魚って、九州が一番うまいんと思うんだよね。私xxで営業やってた時によく食べてたんだ。って伝えて』。そんなん知るか。となります。

  

あたかも、何の努力もせずに。。。、というようなニュアンスで『できていいよな』と言われると、手が出そうなくらい、イラつきます。

 

英語が出来る人の苦労を、英語が出来ない人は知らないのだと思います。

まぁ、やりたいことのための勉強なので、苦行という訳ではないのですが、でも、少なくとも時間は多く割いている。

 色々やってます

語学は奥が深く、日々の勉強が欠かせないです。使わないと忘れますし。

話すことは話せる。でも、本当に奥が深くって、Non-nativeが英語で伝えられることには限界があるんじゃないかとも思います。そのうち書こうかなと思います。

 

私の語彙力は限られているため、海外の方との打ち合わせの前には、打ち合わせ内容はもちろん、英語の予習もしています。何を話すか想像し、出てきそうな単語をあらかじめ調べ、伝えるべきことを伝えるためにどう表現するか。伝わらなかった場合のために複数の表現を推敲しています。

 

普段は、満員電車にイラつきながらも、アプリ使って勉強しています。寝る前には英語でAudio Bookでリスニング&リーディングしたり、TED見てみたり、既読の小説が英訳されたもの買ってみたり、歩いてるときはAudio Book聞いたり、まぁ、いろいろやって、続かなかったものもあるし、続けているものもあります。少なくとも、何かしらしてる。英語の勉強の仕方も、結構な数の本を買ったのではないでしょうか。

 

それでもなお、言葉に詰まること、うまく表現できずにパートナーに申し訳ないと思ったり、ああすればよかったな、とか反省することが多々あります。だから勉強するし、いろいろ勉強の仕方も考えています。

 

それを簡単に、『いいよな出来て』と、上司に言われる気持ちたるや、ご想像ください。たまらないですよね。

 お伝えしたいこと

愚痴っぽくなりましたが、要するにお伝えしたいのは、英語の勉強は、間違いなくこれからの人生のうち結構な時間を割かなければいけない、ということです。だから、目的を明確にする必要があります。ですので、『必要なかったらあきらめるよ。でも、私にとって英語はxxxのために必要。だから、絶対にやる!』というぐらいの覚悟がないと、続かないと思うのです。

  

私の場合、まとめてしまうと結局、『英語が出来ると世界が広がる』なんです。知識の世界を広げ、好奇心を満たしたい。

  

でも少しだけ具体的で、

  • ずっと日本にいる中で、”日本人”の嫌なところが結構あって、その”嫌なところ”のない海外の方の性格、背景、考えをもっと知りたい。
  • サイエンスへの興味を深めるため、もっと深く理解したい|サイエンティストは英語の論文を読むことが必須(今はサイエンティフィックな仕事ではないのですが...)
  • 世界基準のビジネスをして、私が提供し得る限りの価値を提供したい

と思っています。 この思いがあるから、勉強を習慣に出来ているのだと思います。

だからまず、少し目標を具体化してみてはいかがでしょうか?