サイエンティスト・事業戦略・コンサルタントとして、企業の課題解決に取り組んできました。気ままにですが、参考になりそうなことを書いていければと考えています。コメントをいただけると嬉しいです。

入社3年で転職して得たもの、失ったもの2×2

私は新卒入社3年後に、転職をしています。

その後、転職先の会社で、死ぬような思いをしました。誇張ではなくて、倒れた方がマシだと何度思ったか。

 

忙しさではないですよ。キャリアの判断をあまりに悔いて。

 

何かのはずみで時空が歪み、転職の判断の岐路に立っている自分に会うことがあれば使いうる暴力の限りをふるってでも転職を押しとどめたい。でもまぁ、やってしまったこと。なので私は、これを踏まえてキャリアを生きていくしかない。それはそれで、いいんです。

 

でも入社時にいろんな思いを抱いて会社に入った人も、多分、下記の様な理由で、2年ぐらいすると、やめてみよっかな、と思う人が出てくるのでは。

  1. 入社数ヶ月で激烈なパンチを受けてじわじわと嫌になる
  2. じわじわと、私の人生これでいいんだろうか、と思い始める。
  3. もとから長くいるつもりがなくってそろそろ。。。

そして、なんだか知らないけれど、3年は一区切りとみられているので、そのあたりで転職する人は多いみたいです。私と同じぐらいのタイミング。 そんな方が、少しでも後悔しないため、また苦労している方の参考のため。加えて私の自分の記録・記憶のため。得たものと失ったもの2×2個、書いてみたいと思います。

 

得たもの

①新しい出会い

まぁ必然ですが、得るものは必ずあります。機能している100人以上の組織は、どんな集団でも必ず、素晴らしい人が絶対います100%クズ集団だぜ、こいつら。というのは組織が機能している限り、絶対ない。経験的確信です。

 

何かの理由で、ヤバイ、間違えたぁぁ!!!という組織に入ってしまっても、くじけず。そんな人を探してみてください。私は煮ても焼いても食えない人間と付き合わされることと引き換えに、それと同じくらいの数の素敵な人に会うことが出来ました。素敵な人間と出会えることは奇跡で、素敵と思うからには、幸せなことです。

 

そしてまた、煮ても焼いても食えない人間を、火力が足りねぇのかとか、いったん塩に漬けた方が良いかな、とか言って、足掻いていきたこと。こんなことも、役に立つことがあるのかな、と思います。だって、どこの組織にもいませんか?そういう人。長いキャリアを積む中では、いつかは出会い、付き合い、克服しなければいけない人です。決して無駄じゃぁないはずです(いない組織もあるのかな)。

 

転職してヤバイ、と思っても、或いは、転職前でこの組織ヤバイ、と思っていても。そういったとらえ方が出来ると少し楽になるかもしれません。

 

②ストレス耐性

時として、ワケわかんない会社に入り、心身が削られてしまうこともあるかもしれません。

 

でも、ストレスは必ずしも避けるべきものじゃぁないです。確かに、バキっと折れない様に手立ては必要です。カウンセリングや診療内科、その他の外部機関等、自分を守ってくれる機関がある、ということは覚えておいてください。しかし、ストレスの中からも得られるものがあります。

 

そもそも、無価値と思えてしまう仕事をしていても衣食住足る。これって幸せなことです。そんなことを考えていると、結構、ニュースや何かを見ていて、シリア難民の生活だとか、熊本の震災生活のこととか3.11のときとか、これらに比べれば、仕事の悩みの次元って低くて、生死にかかわることじゃぁないんだ。とか。思うようになります。

 

『 最初から良い仕事なんてもらえない』こともあるかもしれませんし、逆に、『最初から身に余る仕事を任せられていて』も、本当に仕事が嫌で無価値に見えて仕方がないこともあるでしょう。でも、そもそもこういった悩みのレベルは幸せな部類で、悩みをが解決しなくても死ぬことはないんですね。死ぬとしたら、自分で勝手に自分を追い詰めるだけです。多くの場合は。悩みが解決せずに失うものは、いざ書き出すとそんなに多くないし、大したことない。得てして、不安は心の中で勝手に実体以上に大きくなっちゃうものです。

 

そして、そんなストレスを繰り返していると、経営者の自伝とか、何かの本を同じように読んでいても、見えてくるものが違ってきます。『あぁ、明日が見えないとは、こういうことなのだな』とか、『あぁ、右腕に裏切られるとは、こういう気持ちか』『経営が傾き、手が打ちようがないときって、こういう気持ちに近いのかな』とか。そういう見え方が、以前より骨身に染みてくる様になりました。同じ環境にいたら頭抱えるでしょうけど、手に取る本から得られるものが、以前よりも数段大きく身近になる様に感じます。成長の一つといえるのかもしれません。

 

また、科学的にストレスが力になることを示した書籍&TEDもあります。面白いです。ケリーさん素敵。訳者も秀逸。 

スタンフォードのストレスを力に変える教科書 スタンフォード シリーズ

スタンフォードのストレスを力に変える教科書 スタンフォード シリーズ

 

 

www.ted.com

 

失ったもの

①素敵な上司

多分、入社しばらくすると、他の人よりもある程度仕事ができる様になる人が居ます。でも、そんな『他と比べて出来る人』でも、上司に相当、守られています。たとえ阿呆に見える上司でも。ましてや優秀な上司ならなおさらです。

 

結構、『他と比べて出来る人』は、以下の点から、『自分はもっと活躍できる場がある』ように思い、転職を考えたりするのではないでしょうか? 

  • 周りの人よりスキルが身について、『ヨロシク!』と言われた仕事を、周りの人間よりも早く正確に、より完成度良く出来ている
  • 英語が出来たり、第二外国語が出来たりして上司に頼られている
  • サイエンスやテクノロジ―の専門知識があって、かつ会社とのマッチングが良くて、入社数年で知識面で頼らる

それ自体の価値は否定しません。しかし、こういった点で優れていても、統括的に見ると上司は思っているよりも自分を見ていて、思っている以上のモノを与えてくれており、自分の至らなさをカバーしてくれています。

 

あとから気付くことですので、きっとその場では気付ないのでしょうで仕方ないのでしょうが。私も他人に教える立場になり、初めて上の苦労に気づくことがとても多くてショックでした。「上だったらどうするか」、ということを考えることはとても大事と言われますし、意識していたつもりでしたが、マダマダでした。

 

この点から、自身のキャリアの最大化のために考えるべきこととすれば、以下の様な問いかけを常にした方が良い様に思います。 これらを突き詰めて考えると、少し自分のキャリアを構築するためのヒントになるのではないでしょうか。

  • 今の自分はどこまで通じるか?グローバルレベルを10としたとき、自分のスキルはどんなレベル?
  • ホントにここじゃぁ、もうスキルを伸ばせないの?
  • 新しい環境なら伸ばせるの?
  • それは、結局は誰かのためになるの?スキルを伸ばすと誰が喜んでくれるの?(≒雇ってくれるの?価値として認めてもらえるの?)
  • このスキルのキャリアの中での位置付けは?このスキルを生かしてどうなりたいの?
  • なぜ、そもそもこの会社に入り、このスキルの向上に努めてるの?

②キャリアの安定

転職回数は、結構、キャリアリスクにつながることがあり、その後の転職に影響することがあります。日本国内ではまだ、現実的な面です。終身雇用の傾向が薄れてきたとはいえ、転職回数を増やすことがプラスになることは考えにくいです。中途採用に関して、いくつか思いつくリスクを挙げておきますね。

  • 日系企業は特に、生え抜きを重んじる風潮があり、組織の中でキャリアを積み上げていきたい方にとっては転職は同一組織の中のキャリアアップの芽を摘む可能性があります
  • 人生の中での仕事の位置づけにもよりますが、人によっては同一企業にとどまるメリット(サラリー、ライフスタイル、退職金等)を一概に、否定できません。
  • 第二新卒、という枠が入社3年目程度まではあります。しかし、その後は『どういった仕事をしてきて、何ができるか』がより重視されます。ポテンシャル採用のウェイトが減り、専門性のウェイトが増え、募集要項の制限が狭まっていきます
  • 中途入社を迎える体制(教育等)が整っていない環境は多い。
  • 長期的な視点で人を育てるというより、『使い捨て』のための中途採用が現実的な理由である企業もある(欠員による人員補充は要注意です)

最後は自分で

転職は慎重に。最後は自分で、としか言いようがありません。転職の正解・不正解なんてやってみないとわからないものです。成功に見えても、長い目で見ると失敗かもしれないし。逆もしかり。転職しろとも、するなとも、言えません。それがたとえ、身近な人でも、結局は好きな様にしたら?としか言いようがない様に思います。

 

ただ、転職したらこういうことあるよ。こういう思いをした人がいるよ。しんどかったけど、何とか生きているよ。これは私の経験であり、事実です。

 

転職を考える人は多い様ですが、そういう方のより良いキャリア形成の参考に。いや、どちらかというと、就職や転職失敗しちゃったぜ、という人の心の支えに一番なりそうかな。

 

誰かの参考になればうれしいと思っています。