サイエンティスト・事業戦略担当・コンサルタントとして、企業の課題解決に取り組んできました。気ままにですが、参考になりそうなことを書いていければと考えています。コメントをいただけると嬉しいです。

テストは出来るのに英語を使えない人に贈る2ステップ

センター試験に始まり、名門大学合格、TOEICハイスコアetc...

 

英語の成績が良い。なのに、英語でのコミュニケーションにつまずく。そういった方をかなり見かける様な気がします。日本の大学の英語のテストは難しくてネイティブが解けない、とか言います。

 

日本人は実は、英語を知っている。でも、コミュニケーションがとれない。

 

そんなことを誰もが言って、英会話ビジネスが相変わらず興隆し(多分。広告、相変わらず盛んですもんね)、駅前でどうでも良い英会話をして帰ってくる。面白ければいいのですが、よく考えると目的に沿ってないのではないでしょうか。話している内容。振り返って、そんなことを話すために数千~万円/月を払っているのはもったいないのでは。

 

もともとテストが出来る人にとって、決して高い壁じゃないはずなのに、どうしてだろう。結構、不思議に思っていて、どうしたらこの壁を取り払えるのか、考えてきました。

 

逆に、私は留学経験なく、英会話も通ったことがないのですが、どうしてビジネスで使える様になったか-----嫌な表現ですが、多くの方と比べて英語が話せるという実感が持てるか------考えてきました。

 

そんな中、同時通訳者が教える ビジネスパーソンの英単語帳 エッセンシャル (ディスカヴァー携書)、という本を読んでいたら、珠玉の文章を見つけました。良書。内容も、その他のコラムも、タメになります。

 

これを基に、英語の苦手意識を吹き飛ばせる2ステップ、として紹介してみたいと思います。

 

 

 

Step 1: 英語は『速い』のではなく『短い』

 

上記の書籍からの表現を引用させてもらいました。名言ですね。

 

英語は速いのではなく、短い

 

だから、まとまりで覚えましょ。今回の大意を一言でいうと、コレです。

 

この意識を強く持つことで、勉強の仕方が変わります。

アナ雪のLet it goはレリゴー

の例を挙げていますが、コミュニケーションでよく使われる表現も同様です。

 

知っている。書かれればわかる。でも言われるとわかりにくい表現をカタカナにしてみると、以下の様な感じでしょうか。

 

  •  What I'd like to do is ...(ワタアイドライクトゥドゥイズ)
  • So you mean ...(ソユミィン)
  • How can I ...(ハァキャナイ)
  • Where are we ...(ウェアーウィ)
  • What's going on...(ワッゴインノン)

 

カタカナだけ言われると、!?、となりがちではないでしょうか。

 

でも、ちょいと抑揚がつくと、これがネィティブの方の発音に近い。正解とは言いませんが、学校で一語一語、発音させられるより、はるかに伝わりやすい。

 

日本の教育では、単語一つ間違えると、テストで点を引かれます。三単現のエスが、とか、前置詞とか、、、、大学に落ちないために、気を付けなければいけないことがたくさんあります。 それ自体の価値は否定しませんが、必然、単語一つ一つに、気を取られます。


でも、実際に話すと違います。日本語でもそうですが、強調すべき箇所ははっきり、或いは定型文の様なところは、サラっと流します。そうなると、『ハァキャナイ』とかなります。会話の中で重要でないところは、さらっと、短く言うことになります。

  

※読んでないですが、こんな本もあります。多分、上のカタカナよりはよく書いているはず。

 

 

Step 2: 本屋かアマゾンへ

英語は速いのではなく短い。

こう理解することで得られるメリット/理解しないことで失うものを、少し挙げてみたいと思います。

 

  • 一語一語、しっかり言っていると、聞き難い(日本人に多い)
  • 抑揚がなく、何を伝えたいかわかりにくい
  • 喋っていて、一語一語に意識が行くので、疲れる
  • 定型文を知っていると、会話が弾む
  • 同上、覚えるべき単語/聞き取るべき単語が少なくなる
  • こうなると、単語の習得速度が上がる(余計なノイズが減ると相手の言うことを理解しやすくなる)
  • こなれた感じになる(その代わり、勉強は続けてくださいね。こなれてるけど身がない話をしてしまうと、かっこ悪いので)

レリゴーとか、キャナイとか、そんな『短い英語』を、たくさん覚えると、上記の様なメリットがあります。

 

この理解の上で、じゃぁ、どうすればいいのか。

 

ちょっと眉唾なタイトルの本に手を出しましょう(著者の方々、出版社の皆様、ごめんなさい)

 

たった○○語で、、、、という様なタイトルの本です。

 

英語は地道な特訓が必要で、そう易々と習得できません。でも、短い英語をたくさん知る、という目的に関して、これらの本は良書です。

 

なぜなら、頻出表現がとてもよくまとめられているから。こういった本で、”レリゴー”や”ハァキャナイ”の様な、短くなりがちな表現を叩き込みましょう。上記を意識して読むと、確かに、たった○○語で会話が円滑になったり、聞き取りが楽になります。

 

随分前、私は下記の本を読みました。感想を思い出せないぐらい内容を忘れてしまいましたが、頻出の表現が良くまとまっていたかと思います。そのうちのかなりを使っている気がします。

  

 

たった「80単語」!読むだけで「英語脳」になる本 (知的生きかた文庫)

たった「80単語」!読むだけで「英語脳」になる本 (知的生きかた文庫)

 

  

たった「78パターン」で英語を「話す」「聞く」がすぐできる本 (知的生きかた文庫)

たった「78パターン」で英語を「話す」「聞く」がすぐできる本 (知的生きかた文庫)

 

 

  他にも同様な本をいくつか読みましたが、結構、役に立っている気がします。

 

英語は決して、たった、、、語じゃぁ話せません。でもこうした書籍は良くまとまっており、上記の意識をもって読むと、非常に良い勉強になります。

 

 

 

 

どうでしょう、この2ステップ?結構、シンプルだし、手間も少ない。その割にリターンが大きい。更に、今までの勉強が無駄にはならないのではないでしょうか。

 

ちょっと行き詰った方にとって、シンプルに英語の壁を壊すきっかけになれば嬉しいです。

 

広告を非表示にする